カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

佐久間洋之介

message from yonosuke

Yonosuke Sakuma
1980.12.6---2006.1.2
homespot ; hayama


*date 2005.9.20 海人丸
*date 2005.11.6 祭り
*date 2006.1.8 メキシコの波
*album

海人丸 うみんちゅまる



皆さんサバニというカヌーをご存知だろうか?
元々このサバニは古くからある沖縄の漁船なんだけど、
このサバニをオーシャンアスリートの荒木汰久治くんを中心にその道の達人が集まって、
アウトリガーカヌーにチューンナップし沖縄から愛知までの2000キロの航海に挑戦!
この航海ちょっと普通じゃない、コンパスやエンジンなど文明の力に頼らず、
星、太陽、うねり、鳥、潮を感じながら航海する、
この航海の事をハワイではスターナビゲーションと呼んでいる。
荒木君は日本人で数少ないこのスターナビゲーションを理解している人だ。
そしてこのカヌーについた名前は海人丸と書いて(うみんちゅう丸)
そして、この航海に俺も2週間に渡り参加する事が出来た。
四国の室戸岬から皆に合流して、そこから和歌山に渡り風を待った。

■潮の岬(和歌山県)



この海人丸、風がある時はマストに風を受けてセーリングする事が出来る。
風がない時はヤクというオールを使ってパドルで進むといった具合だ。
サーフィンと違って沖に出るとまた違う知識が必要になってくる。
和歌山の潮の岬の沖ではいい風を受けて台風のうねりに乗るという人生で初めての経験もした。
航海は風まかせなので次いつ出港出来るかは分からない。

■三木浦(三重県)



photo by Utsuki

昔の人は自然を感じながら風を待って航海していたんだな〜と感心してしまう。
自分の体をずっと自然の中に置いていると、忘れてしまっている感覚を思い出す、
思い出すというよりも、もともと自分の体の中にあるもの。日本人は優れた海洋民族、
皆の体の中にもこの血が流れているはず。海とふれあう事でこの感覚を是非とも感じて欲しい。
行く先々の港で暖かい歓迎を受けてとても嬉しかった。
海で生活している人たちは、この事を体で理解しているから、
自然と俺達を受け入れてくれたんじゃないかと理解している。
時間がある時は地元の小学生を集めて、
自分たちが海で経験してきた事を話すと
真剣な目をして聞いていたのが印象に残る。
自分が経験したことを皆に伝えて、
それをエネルギーとして受け止めてもらえればとても嬉しいです。
この航海は愛知の内海に7月30日に約2ヶ月間の末ゴールを迎えた。
そして来年は愛知から東京湾を目指します。
さらに再来年は沖縄から北海道まで航海する予定です。
この航海は日本中の人と人が繋がるビックムーブメントになるはずです。
みんなの応援の声がクルー達の原動力になるので応援の方よろしくお願いいたします。
ホームページ http://www.occj.org

8月10日 葉山にて

集まれ海人丸!というイベントを8月10日、
葉山の一色海岸にある海の家ブルームーンでやらせていただいた。
実際に海人丸が一色にきて航海してきた時の映像をもとに話をさせていただいた。
イベントが始まる前に先日亡くなったハワイアンのレジェンドサーファー、
タイガー エスペリさんのセレモニーを一色海岸の沖でやりました。


海人丸を中心にタイガーさんをしたっていたサーファー達が手を繋ぎ
リングを作り、石井優衣ちゃんがチャント(ハワイ語のお祈り)を唱えた。
最高の天気に見舞われて素晴しいセレモニーになった。
空から見ていたタイガーさんも喜んでくれたことでしょう。

イベントの最後にはサーフィンDVD
DANCING ON THE WHAT を上映させていただいた。
とにかく海の事が好きな人達が集まる最高なイベントになりました。
そして前回SOLAYAにてDVDの制作記念のパティーの時に
皆様からいただきましたエントリー費の半分65000円を
葉山の緑を守る募金に寄付させていただいた事をここに報告します。
DVDの売上金の一部も自然を守る為に寄付していきたいと思います。
次回作も制作する次第なので、皆さんこれからもよろしくお願いします。

photo by Kihei

>>> go to page top


森戸神社祭礼

毎年、9月7・8日に行われる葉山のお祭り。

屋台もいっぱい。
「おじちゃん、たいやき100個!!」



じゅえむさん、毎年最高です!
ちなみに去年はバカ殿でした(笑)


この祭りが終わると夏が終わったなって感じてるのは
俺だけじゃないはず。
いや〜2日間盛り上がったね。
終わった次の日は肩とふくらはぎが筋肉痛でぱんぱんでした。
葉山の人って本当に祭りが好きだよね、
それだけ自分たちの地元を愛して、
文化を大切にしている人が多いって事ですね。
それから若い力がありあまった中学生、高校生も
もっと参加しよう。

>>> go to page top

メキシコの波

メキシコのプエルトエスコンディード
ここの波はマジで半端じゃなく掘れていてドチューブ!
それだけにテイクオフがヘビーなんだけど、テイクオフが凄ければ凄いほど
後のチューブも凄くなる。
この波はそんなテイクオフが難しい波だったけど、
7’6のピーター マッケイブの板だったら行けると思いチャージした。
最後はクローズしたしまったが、自分が男になった瞬間だった。

*追記*
ご存知の通り、2006年1月、洋之介は25歳という若さで他界した。
このページを作成中だった。
まだ伝えていないメッセージをたくさん残したまま・・・
生前、洋之介からは色々なことを教わった。
彼の意思を絶やすことなく伝えていきたい。

>>> go to page top



YONO'S ALBUM




>>> go to page top

SURFERS